2018年1月21日日曜日




 この世界とあの世界


放射冷却が作り出す世界 20180118 9時30分




 最低気温がプラスになった一昨日、
 朝の会議に向う途中、近くの橋を渡ろうとした時幻想的な風景に遭遇
 岩手山を遠くに眺め、川の水が少ないなとか 白鳥はいるかな?とか 
 普段何ともなしに通る道なのに、
 白と水色のチョイ神秘的な世界が田園地帯を囲むように漂っている。
 



 
 「御神渡り」
 寒さで凍った氷が、気温の上昇で溶け膨張してできた形や場所(方向)で
 その年の豊凶を占うところがある、ということを思い出した。
 自然信仰は時代が変わっても、節目の行事として季節の中に息づいている。
 「何か」が潜んでいるか否かは脇におき、
 人が謙虚になることを忘れてはいけないのねと我にかえる一瞬

 田園地帯もスケートリンクのアイスバーン状態になっていて、
 その上を歩くネコ! ネコ渡りだ。鴨も滑っている(ように見えた)
 
 昨日の朝はこの冬一番の冷えを記録しマイナス15℃。
 大寒の日に合わせたかのような自然からのギフトね、と
 気温だけ見て呆れて笑ってしまうが、
 ニュージーでは45℃
 ロシアは−65℃? 温度差110℃!
 世界は一つではない証拠だ
 















 
 
 
 

2018年1月12日金曜日


 2018年は穏やかに それとも…..

紙白鳥 藁のウマ 普遍のアイテム



朝焼けで迎えた2018年 
 と、言っても実感はなく、10日も過ぎると新年という感覚はすっかり飛んでいる。
 あんなに気ぜわしくバタバタ過ごしたのはつい2週間前なのに、
 気持ち先行の「あの日」も、もはや幻であったということに。
 
 さて、ささやかなチョウセンを考え始めていたところ
 同じようなことを考えている人たちがすでに行動を起こしている。
 交差点の信号待ちしている時、
 見知らぬ人と会話をするのは殆どあり得ないだろうけど、
 何処かで誰かと同じような事を夢見て?いる、という事はよくあることかもしれない。
 
 「一切唯心造」
  かなり前に知った禅の言葉だけれど
 すべての現象や存在は、心で創られている……
 なるほど〜と思いながらも哲学的で精神の世界?
 文明が進歩しても、普遍なものの存在ってすごいこと。
 



これは年末のウラの畑








降った分だけ暖かい。 
  ホントのこと
  ビル風の方が冷たいよね。




        

 どうした訳か、年が明けてから10日以上雪は降っていない。
 屋根から落ちてきた雪にはOMGだったけれど、今は一休み…このまま春になって!
 期待だけがまた先行。そうはいかないが。
 
 北陸や新潟、北海道の積雪量に驚いている。
 同じ雪国に暮らす身として、
 「銀世界は美しい」だけではないことを知っているだけに…..。
 









2017年12月31日日曜日



 それでも時は進んでいく



  

















 何かって? 霜 / 雪の結晶です!
 どうやったら、こんな模様になるのでしょう….


 11月末に降った雪はそのまま消えることなく本格的な冬の季節突入。
 ラニーニャ現象が発生すると、
 その年の冬は大雪になる可能性が高いという…当たって欲しくないな〜。





 





10月から11月にかけては天気の良い日が続くというのが当たり前だった。
今年はどうしたものか、雨の降らなかった日の方が少ない?そんな気がする。
稲刈りの時期に降られる雨は農家泣かせというが、結果的にそうだったようだ。




日没間近 ウクライナのイメージ?


 去年の今頃は何をしていたか
 知り合いと話になって「よく覚えていないなぁ〜」
 それでも、初雪はいつ頃だったとか、寒かったとか、漠然ながら互いに記憶している。
 天候の話はポピュラーなものだと、思うけど
 人はいろんな事を記憶するものだと感心する。
 簡単なことから複雑なことまで幅広くメモリーに入れる。










 




 イチジク 文旦のマーマレード
 ブランデーに漬け込んでいた。
 マニアックな?ショコラバウンドに。 

 パラグアイに25年間住み、縁が合って雫石町に越してきたご夫婦。
 安息日に呼ばれ、お邪魔した。
 ユダヤ教では「シャバット」というらしい。
 イスラエルではこの日に火を使うことや機械操作もできない….と。
 かの国の大統領の発言で、世界は驚きを隠さず論争になっている。
 建国はまだ70年という若い国ということも驚きかもしれない。

 



     
 いたずら書きをしたような雪の結晶 
ここまで書くのに要した時間はどのくらい?
自由に気ままに時が過ぎ、また一年。






2017年11月19日日曜日


 ちらつく 一日



 「今年の冬は早く来るかも」
 11月に入ってから異口同音聞こえて来る。
 紅葉も早かった。
 きっとそうなのかと思っていたら朝からちらつく雪。 もはや初冬の装い。
 霜月と言うくらいだから特別なことではなく、そういう季節になったということか。
 




今年活躍したログプランター
ルッコラ
チコリ
水菜 ベビーリーフが結構採れた
脇からトマトも出てきた….
これは「こぼれ種」からだったね


 今年収穫できた大根は、赤と白で大小40本。
 3年前の種の生命力には目を見張った。
 赤は総量の2%の塩で下漬けした後、翌日に酢と少量の三温糖+塩麹で漬ける。
 酢の化学反応で綺麗なRose色に仕上がる……はずだ。一度予行練習したからOKね。
 




  苔に覆われ横たわる倒木
  間引きして倒したまま
  そのまま時間で熟成される
  虫や地中のバクテリア?が
  喜んで分解していくだろう
  
  

 今年の冬はどうなっていくのだろう
 冬タイヤを横目に見ながら。
 積雪はあんまりなくていいけどな〜 
 北と東の国の関係は ギクシャクして 関係ないと思いつつ新聞記事に目を見張る。
 そう言えば、紅玉パイ用のバターを買わなくっちゃ、と
 品薄で緊急輸入していたことを思い出す。
 



もはや懐かしい〜〜
 これは先月半ばだった。載せるのも忘れていた。










 野菜の値がはね上がる?厳冬期に備えて急遽干す


 サバイバル用か、と見上げながらニンマリ(笑)
 思い出したり、明日やることを確認したり
 雪だけでなく、いろんなことがちらつく一日だ。







 









 

2017年11月7日火曜日



 夏も過ぎ  秋も過ぎ…...




 遠い夏の日の思い出は 枯れて落ちた葉っぱの下に眠っている。

 暑かった日を助長するかのように鳴き出す蝉の声、
 今年は「煩いなぁ〜」と眉をしかめるほどでもなかったけれど
 虫の声や刈り取った青草の匂い、 季節を実感できる条件は揃っている……
 

 自然の密度が濃い分だけ その空間に動物も虫も草も一緒に生きている
 すき間に入ってきた人間が住んで威張るのもおかしいことかもしれないな







育てた野菜
毎年何かしらの失敗は
また来年チャレンジするため











ゴーストバスターがやって来る?
雲の中に
帯のように横たわり動かない
濃淡ついた重い雲が…
こういうのは何だい?
随分ぶれている写真ね。





今日の最高気温は18℃ それでも暑く感じるだなんて。
(朝夕の暖房はすでに必須!)

夜のニュースで「今日は立冬」と知る
思わず「OMG」
何ていう天気だ!















2017年8月4日金曜日



梅雨明けと野菜の関係は



















福本さん宅のトマト〜!
有機農法によってここまで大きく?
執念….イエイエ情熱ですね。

ハウスの中 トマトは屋根下まで成長
品種 / モモタロウ 加工用だって。。


    梅雨明けが待ち遠しかった先週
 「オーガニック雫石」PGS生産者4名の農場調査をした。
     半日かかったけれど、またまた学習をした(気分だけ)
 毎年同じということもなく、いつも「ing」と進行形だ。




                 

                                                                     

                                                         こちらはMr.Takahashi
              「草ボーボーだ」と言いながら
              ホントウに休まず働く「鏡」
              胡瓜をもいで食べ、
              人参掘っていただく。
 
        







  有機農業推進法ができたのは、2006年。
 今から10年以上も前のこと(議員立法で)

 国や自治体に有機農家の支援を義務づけた…とは言うけど
 日本全体の農地面積に占める有機野菜の栽培面積はとても低い。
 去年は0,27%
    今年は0,35%   
 2018年までに1%にしたい! と国は話しているらしいがほど遠い...
 食べる側(消費者)と作る側(生産者)
 ホントウにface to face だなぁと、引き続き実感した2年目。


20年ほど前に 我が家から嫁いだ「栗の苗」
平地に植えたら すっかり大木になり
大きな栗の木の下で♬…..となった。
すごいね。秋には栗の渋皮煮が待っている。









2017年7月26日水曜日


 
  2hours



何の花?
なんと「レタス」の花!
去年の秋植えた種から越冬してレタスが取れて
今頃になってこんな可憐な花が咲き乱れている。
やってみないと分からなかったこと。



  「今夏はどうしたの?」
 声が聞こえないヒグラシを心配していたけど…とんでもない!
 寒かった春の影響だったのか、今頃になって騒ぎまくっている毎日だ。
 朝から「夏だ〜」と起こされ
 夕には「まだまだ鳴くぞ〜」と宣言される。
 やっと夏らしくなった。




日陰茶屋 本読む?






間引いても 引っこ抜いても
出て来る 出て来る
増える一方
黄色向日葵もどき 夏ならでは、だ。



 
  自然界は驚異に満ちて….
  ノアザミ 野生のリンドウ 
  原種の紫陽花
  
  暮らしに彩りをありがとう。。

  



 早起きするようになった。
 蝉の鳴き声がその理由ではないが、朝の2時間にイロイロと。

 2時間
 長いようで短い長さの中に、何ができるか
 料理なら、
 パン生地を練って発酵させ寝かせて焼ける長さ
 ニシンを塩でしめ、酢漬けの調味液を用意し沸騰させ冷ましてから浸せるな、とか。
 新幹線だと
 ここから「コマチ」で大宮まで行けて
 映画も1本鑑賞できる長さ

 いつまで続くか分からないけど
 せっかくの習慣だ。 三日坊主に気をつけよう!