2010年12月30日木曜日




TVを見る機会がめっきり減り、ニュースを後で知るということが多くなった。
世界中至るところで大雪に見舞われたという事も遅れて知ったのだから。
滅多に雪など降らないイギリスのヒースローやドイツのフランクフルトの空港では足止めを食った人達が、
対策の遅さに抗議する一幕も報道されていた。


猛暑に大雪。
いくら科学が進歩したところで、予測はできてもどうにかなる訳ではない。
何となぁ~く、「そうかぁ、今年は大雪か」くらいの心構えしかできないのが普通じゃないのかなぁ。
大雪対策・・と言われても降ってから何とかするしかない。甘いだろーか。


雪と言えば、カマキリの「降雪予測」はすごいらしい。
木の枝に卵を産むカマキリは、雪が降っても卵が落ちない高さに産むという。
つまり、冬が来るずっと前にどこまで雪が積もるのか予測する能力があるというのだ。
あの小さい三角形の頭でそれが分かるなんて、おみそれしてしまう。
何故わかるのだろう? 
カマキリもすごいけれど、
古くから民間伝承されていたというから、人の観察力も相当だ。





ヴァリエーションンズ
「チェロとピアノによる デュオ・コンサート」

冬の景色をバックに、チェロとピアノのデュオを聴く。
時折パチパチはぜる煖炉の薪、日暮れと共に蒼く染まってゆく雪の色。
チェロの音色は床を這い、私たちの心にしみ込むように流れてくる。





フィンランド民謡の「家なきこじき」に「ミッキン・ペッコ」
間宮芳生(作曲家)が1975年にフィンランドを訪れて触れた
スオミやサーメ族の民謡に基づくチェロとピアノのための作品だそうだ。
さすが北欧 ムーミン発祥の地。トーベ・ヤンソンの世界が浮かんできた。
スナフキンが懐かしい・・・

アルヴォ・ペルトの「アリーナのために」
澄み切った湖面に時折水の音が跳ね返るような、
静かな冬の雪の道に、そりの鈴の音が鳴り響くような
そんな音の調べを感じる。

行ったことはまだないエストニア、いつか行ってみたい国の一つ。
抑制の聞いたピアノにちょっと「ぞくっ!」としてしまった。

寒い中、20人を超す人たちが来て下さった。
音を楽しみお茶を飲み、有意義なひとときを過ごして頂けたのなら嬉しい限り。

2010年12月27日月曜日





気象予報どおり、いきなり大雪になった。
早朝から道路では「待ってました!」とばかり除雪車がフル稼働、
それに続く家々の出入り口も皆雪かきに大わらわだ。
何故か雪の降った朝は活気づく。
寒いはずなのにそれを忘れているかのごとくの雪かきに、冬を暮らす構えを自覚する。













子どもの誕生日にはケーキは焼いてきた。上手い下手はさておいて・・。
デコレーションの主役は何と言っても苺がトップだろう。(くやしいけれど認めている)
その苺、本当の旬は春から初夏にかけてのはず(ワタシの世代?)なのに、
Xmasのシーズンが近づくと市場に沢山出回る。
そして、何故かコンスタントに春まで顔を並べ、
一番美味しい露地モノは本当に希少になってしまった。
味が違うのは言うまでもないけれど、「旬」がなくなったと感じるのは私だけではないだろう。
旬がなくなる=季節感も同時に薄れることで、
いつでも売っているということはいつでも口に入る、ということか。
そんな豊かさ?が当たり前になり、
引き換えに失っているものはメリハリか・・と心に問いてみたり。
で、やっぱり苺を飾っているなんて自己矛盾

2010年12月25日土曜日


うっかりしていたら冬至の日も忘れ「かぼちゃとあずき」を食べ損なった。
ゆずを買っていたのに「ゆず湯」に入り損なってしまった。
そうしているうち「巷」ではXmas。
赤い兵隊が鐘を鳴らし「火の用心」と言っている。ように見えるX'mas







1年で最も忙しい月がもしかしたら今月かもしれない。
毎年ここからが普段の倍速モードで過ぎてゆく。
現代人は忙しすぎる、と言いながら自らが忙しい生き方を選択しているのには苦笑いだ。

外では乾いた雪が舞うように、ゆっくりと地面を白く塗り上げている。
風はいつのまにか止み、明日の朝は見事な雪模様を見せてくれるに違いない。
ようやく北国らしい季節を迎え、「寒さ」を超えるほど美しいナと
感じる冬の風景に浸る日も多くなるだろう。


2010年12月16日木曜日


某テレビ局の取材を受けました。
3分弱の番組の中のワンシーンに「SoiLで食事をする」という設定です。
撮影を眺めながら、
ハイビームライトとレフ板効果で華やかさが出る「現場」を逆に撮る・・・。





ディレクターや AD、そしてカメラマンの仕事は黒子そのもの。
支えるヒトの仕事は表に見えない分、想像力が必要になってくる。
何の仕事もそうだけど、相対する関係性の中でどう動くのか考えて
しまうものなのでしょう。役割は決まっていても、一人芝居ではできない共同作業
そんな空気を感じたひととき

約3時間を超える取材でも、編集され大方はカットされる
さて、どういう仕上がりでon airされるか興味津々。






イタリアのたんぽぽ?





その名は「カルド」
一見その辺にも生えていそうなアザミのようなセロリのような野菜
食べられるのは茎のみ、ギザギザ葉の部分は食べないそうだ。
好奇心が頭をもたげ、葉をかじってみる。苦いナぁ これはヤギでも食べないだろうナ。
ちなみに茎の部分は、バターのような風味がする不思議な味。
茎の筋をていねいにとってレモンと小麦粉を入れて下茹ですること 約30分。
(指南どおりに)それでも固い! さらに茹で上げること10分。
何とここまでが下準備とは…。

クリーム煮がおすすめ、と頂いた「カルド」
じゃがいもとチキンと一緒に煮てみようかと考えている。
でも、冒険料理になりそうだ。

で、写真はないけれど やってみた。
クリームは美味しいけれど、「カルド」は・・・ちょっと。
どうやっても苦みが残る。ウドや苦瓜のそれとは違う苦みだ。
皆で試食しながら野菜が育つ土壌談義に話が移り、
カルドはとりあえず棚上げになった。





2010年12月11日土曜日


2時間の冬景色







さほど冷えたわけではないけれど、
ご覧の通り、今朝の雪景色アイスブルーの空+雪のコントラストに北欧カラーが重なる。
日が差し込んでこの後すぐに溶けてしまったけれど、1℃の空気はさほど寒くもなく、
むしろ包み込まれるような柔かさがあった。

幼い頃は、初雪に声を上げ、犬でもないのに走り回ったり喜んだりしたものだ
今は、近づく冬を目前に憂鬱になると皆が言う。
きっと、現実を知っているからだろう
寒く長い冬をどう過ごそうか、春まで辛抱か……とか。

北国の冬は畑作業も殆どできず、天候も突然一変する時がある。
そんな日は、周辺に暮らすおばあちゃんの話によれば
秋に収穫した「箒草」で箒を何本も編んだり、
縄を編んだり(縄紐?)したものだと聞く。

今は「そういうこと」をする事もないし、需要がないという。
生活様式の変化はゆっくりと私たちの文化や遊びも変えていく。
今こそ「そういうこと」をやってみたら、もしかして「楽しい」かもしれないナ、と想像する
きっと途中でネを上げるのは分かっているけれど……。

雪が溶けた後にいらしたお客さまから「雪景色が見たかった~」と言われ、
「お見せしたかったデス」と答えるワタシ
ここで暮らすワタシたちには日常の景色であれ、
訪れる方たちにしてみれば、非日常なのかもしれない。



冬鳥





朝ご飯を食べながら外に目をやると、
見通しの良くなった木々の間 に「アカゲラ」を発見!
葉が生い茂っている季節には、声はすれど姿は見えずの鳥たちだけど
この季節になるとさまざまな冬鳥がやってくる。
…とは言っても分かるのは極わずか。
ヤマガラ、コガラ、カケス、キビタキ(これは冬鳥だろうか?)

特徴的なアカゲラは本当によく木をつついてる。さすが「キツツキ」科だ
今朝のはメス おでかけルックが何ともしぶい。

しばし鳥の世界に思いを^~`

2010年12月3日金曜日



初霜







暖かな日が続いたせいか、体もまだ「秋モード」でいた11月だった
空に瞬く星の輝きが際立つほど冷えた夜、そろそろやって来る
な・・と予測したら
翌日の朝、期待を裏切らず(?)裏の森一面を埋め尽くす霜に、
寒さを忘れてにんまりしてしまった。
雲の隙間から放射状に降り注ぐ朝日のシャワーを浴びる植物たち

写真は ノイバラ


初雪




写真は29日
岩手山は神々しく冬の姿に変わっていた。
寒さは長続きせず、表面だけ覆った雪も瞬く間に溶けてゆく




じゃがいも?




一見じゃがいも、実は何とキーウィ
しかも特筆すべきは、
雫石町で採れたこと!

ウチで提供しているお米は、
雫石で無農薬/無肥料で作っている上野さんから購入している
無農薬/無肥料に切り替えたのは7年前くらいからだそう
春に田んぼに蒔くのは前年の藁だけだそう
お米を作っている上野さん曰く、
本来もっている「土の力」を頂くだけで、私たちは殆ど何もしない、と。
防虫(除草)は木酢をかけるだけ、と。

定期的に届けて頂き食べているが、米の味が分かってくる、というか
本当に美味しい うまい
(ついつい食べ過ぎてしまう)
美味しいですね、どこのお米?と、皆さんにもよく聞かれる。

で、話はキーウィに戻さないと・・・
そのお米を丹精込めて作っている上野さんから頂いたキ-ウィ
30個以上頂いてしまったけれど
敷地内の木からこの倍以上は採れたとのこと。

「エッ? 雫石でキーウィって採れるの?」
知っているのは四国産とか九州産など。
今年の猛暑で果実が良くないと聞いてただけに「逆影響」に驚き。
気候変動で思わぬ成果もあり、ということもあるわけか。