2013年2月24日日曜日

仮想の春 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
空気が乾いたある日の朝、
降った雪は風に巻き上げられ空に舞い、
まるでマイナスイオンに覆われた滝壺の中にいて、
深呼吸すると、ミクロと化した雪の粒子が肺の中まで入ってくるようだった。
 
朝、洗濯物を干すとものの2時間くらいで乾いてしまう….!
湿度計は34%を指していて、この冬一番の乾燥だ。
(飛行機の中は28%くらいだとか)
かなり前に買った加湿器があったことを思い出し、迷いながらもONしてみた。
水タンクの中からポコポコと、音にならない音を出しこれまたミクロの霧が部屋の中を漂う。。。
 
そうやって約3分、
加湿器の霧は何だかなじめなく、OFFにした。
代わりに霧吹きを手に取り、シュッシュッと歩きながら「アナログ加湿器」でカバーする。
やっぱりローテクのやり方が自分には合っている。
時代に背を向ける・・・
  
「今世紀最強の寒波」と驚くような見出しにギョッとしたけれど、
今世紀って、始まってまだ13年だったわねとホッとする。
でも、でも、半端じゃない雪の量に笑いながらも「春はいつ?」となっていた。
気のせいか、動物たちの足跡も少なくて、見えない所で苦労しているのかなと心を寄せる。
何もできないけれど。。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 

 
 
 
 
 
 
 
 






【この冬よく見るのはウサギの足跡。これは耳が欠けた錫のフォークレスト】

「沈黙の春」を書いた、レイチェル・カーソン。
DDTなどの、農薬に含まれる化学物質が与える影響の危険性を指摘した生物学者だが、
発表されたのは今から50年も前の事だ。
春になっても鳥が鳴かなくなったのは、そういった背景があるのではと警鐘を鳴らした人。
気候変動等の様々な事象が重なって生じてくる問題も沢山あるだろうし
人為的影響もどう関係しているのか。はっきりしたことは分からない。。
 
幸い、鳥たちは寒くてもやって来る。
仮想の春から本当の春へ、彼らも待ち遠しいよね。
 

2013年2月19日火曜日


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 












晴れ のち くもり 時々雪


天気予報士の森田サンの講演会で「地球温暖化について」の話しを聞いた。
本当に温暖化なのか、寒冷化という説もあるぞ、とか科学者の中でもイロイロあるらしい。
はっきり分かることは、
上昇気流が発生している場所は天候がくずれやすく、都市化になればなってゆくほど
そうなる可能性が上がる。
近年よく聞く「局地的集中豪雨」や「ゲリラ豪雨」などだ。
メカニズムとしてはそうなのかなあ。。。。
 
2月11日前後の予報は少し外れたが、予報どおりにならないことも多々?あるらしく、
いつの頃からか「降水確率/降雪確率」で表すようになったが、中々大変だ。。
そう言えば、
天気予報が大きく外れると、抗議の電話?がかかって来ると聞いたことがある。
自然気象に左右される漁業の方から、とか。 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 











動物は常に「瞬間的な選択」をしながら生きていて、
例えばジャングルのような所を歩いている時に草むらの方で突然音がしたら、
瞬間的にハッと身構える。
自分の身を脅かすモノがいるのでは?と、
瞬時にその答えを知りたいと思う。安全かそうではないのか。
すぐ答えが出る場合は良いけれど、時間がかからないと分からない場合もある、と。
明日の天気は大体分かるけれど、太陽がもう50億年持つかどうかは.......
今正確には分からない。
 
 
「じたばたしない。」
聞いてて何となくそんなことを考えた。
 
 

2013年2月12日火曜日

探しモノは何でしょう?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
知り合いが一緒に住んでいるパートナーの名前は「ボノ」。
アイリッシュセッターと「何とか」の流れを継いでいる犬だ。
臆病だが一度なついて認知すると、ちぎれんばかりに尾っぽを振っ 
てくれる。
ボノと言う名前をつけたのはBonoの姿勢に共鳴しているから、と。
いいね!
 
慈善活動家?であり、ロックミュージシャンでもあるボノ(U2)の曲を久し 
ぶりに聴いた。
Still haven't found what I'm looking for......
「探しているものをまだ見つけていないんだよ....」
 
どこに置いたか忘れてしまった印鑑や書き込む書類を紛失したり、
探し物は日常茶飯事で、ムダな時間を費やしていることは認めよう。
でも、本当に探しているものはこれらのモノではなくて、違うとこ 
ろにあるのだ。
自分の進む道(理系?文系?とか)や、適している仕事は何なの 
か、居場所はどこか。
歩いている道はこれでいいの? そういうことなんだ、と。
 
 
それにしても、一夜にして積もった雪の高さに驚いてしまった。
いずれ溶けるとは言え、ちょっと記録ものねェと言うことで......

Day and Night
 

 
 

2013年2月6日水曜日

冬の仕事 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

立春を過ぎても現実的にはまだ冬だが、もう来冬に向けて薪調達を計画しなければならない。
手配をするため町の森林組合(のような)に連絡をした。
「何トン欲しいの?」と聞かれ「え~4トンとか…」と答えたところ、
「20トンから売る」との回答だった。
その規模で考えると………東京ドームまでとは行かなくても、置いておく土地が必要で、
それを割ったり切ったりする作業の時間も考えると…….人生が終わってしまう?
 
よ~く尋ねたら、チップ用だと20トンの扱いになるらしく、これは却下となった。
もう1カ所の組合に尋ね、結局6トンの注文となった。
翌日にはもう配達してくれて、電光石火のそのスピードに驚いたが、
もっと驚いたのは、年代ものの古~いトラックと、運搬してくれた方が80歳を超えていた事だった。
高い荷台と地面をポンポン飛ぶ?その身のこなしの軽快感に圧倒された。
 
写真こそ撮らないでしまったが、懸命に働く姿に年齢は関係ないよ、と言われているような。
 
燃焼効率が良いことで、注文したのはすべて「楢」。
置いてゆかれた楢の木に、これからしばらく向き合う日々が待っている。
と言っても向き合うのはワタシではないのだが。
 
1年のスケジュールに、エネルギーの確保の時間がかなりのウエイトを占めている。
環境整備もその一つだが、仕事は待ってはくれない。
80歳の方を見習い、まずは働けることに感謝しよう。
 

2013年2月3日日曜日

気づけばもう立春が……
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

寒かった1月が終わり、昨日おとといは朝からプラス気温で暖かく感じる。
そうか、立春が目の前だったと気づく……。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

小岩井農場の「雪まつり」も1日から始まった。
何を隠そう、小岩井農場はウチから車でわずか6、7分、
今はすっかり名所となってしまった、一本桜のすぐ近くだ。
 
雪まつり…..
子どもたちがまだ小さい頃、完全武装(寒いので)で見に行ったがそれ以来ご無沙汰してた。
今年はオープニングセレモニーに参加したが風もなく暖かで、30分の式の間、
雪像が溶けてしまわないかと気になった。
 
そんな一方、、
あまりにも澄み渡った青い空と岩手山をバックに浮かぶ熱気球に目を取られながら、
農場を取り巻く環境の素晴らしさと、空気の美味しさを実感した。
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「小岩井」農場の創業者たちは、小野義眞、岩崎弥之助、井上勝の三氏だ。
不毛の原野を農場や畜産の地にと「夢」を追いかけ、
火山灰に苦しめられても土壌改良を行い続け、貫いた先人達の情熱は今でも感じることができる。
 
100年以上経過しても、手を入れ使い続けられている建物群は歴史を伝え、
農場前の道路を夜に走ると、牛舎の明かりがまるで銀河列車のように見えるのだから…….。
….とこれ以上書くよりは実際に出かけて農場を歩くのが一番だ。
 
去年から行っている「小岩井農場物語」。
参加型のプログラムが他にも幾つかあり、
トラクターバスで回るガイド付きツアーやネイチャーウォークに農場散策と、選択が沢山。
農場職員である濱戸さんの話がまた楽しく、まるで関西寄席を聞いているような感じだった。
 
などと、雪まつりから去年の夏に歩いた部分をイロイロ思い出してしまった。
 
本当の資産となるのは、
「その人たち」の人生を生き抜いた姿勢や精神が、時代が代わっても受け継がれ、
同等の価値となって共有できるものを言うのではないかな、と思った。
やはり「もの」ではないような……..。