2015年8月26日水曜日




時間の一人歩き


《 見事に色づいたパプリカ&柿のようなトマト 》

 静まり返った闇の中から聞こえて来るのは「秋の唄」
 紛れもなくあの声だ。コオロギや鈴虫たち….
 夏至からすでに2ヶ月も経ち、日暮れの訪れも早くなっている。
 慌ただしく時間だけが一人勝手に進んでいるようだ。

 







日本でも定着したズッキーニ
花はカボチャにそっくり
食べられるけれど、
採ってしまうと後が困るな。
    《 スタンバイしている次のズッキーニ予備軍 》


 世界的には、大干ばつが起きてたり、山火事が何日も続いたりしている一方で
 洪水による災害も絶え間なく起きている。
 立ち往生している人たちに一番に届けられるのは食べ物だ。
 何がなくても「食」は生きていく根幹。生命をつなぐもの。
 ウラの畑は狭いながらも野菜も育ち、土の保水力にも驚くけれど、
 今年が良くても来年も同じだとは思えず…結局自然任せなのだね、と意見は着地。



《途中段階のパプリカ / 赤くなるまでかなり時間を要した 》

 収穫と加工(調理)のサイクルに追われながら?経済野菜を考える。 
 Fec自給圏 ….
 F=Food   E=energy  C=Care   
 やっぱりそうだよね。大切なのは。




 
 
 

2015年8月15日土曜日


 後ろは振り向かないゾ・・・


《 背丈?2m以上あるね〜 》

向日葵の種を畑の真ん中に蒔いたら手が届かないほど成長した。
見上げると、まるで「太陽の塔」のようにあふれる存在感を放っている。

ところが・・・
花びらをつけて咲いたカノジョは東を向いたまま動かない。
「日まわり」という位だ、太陽を追って動くのでは?
種蒔き人に似てアマノジャクなのかと思ったが、生長のメカニズムを誤解していたことに気づく。

生育の場所で西に光を遮るものがあると東を向き、
東に遮るものがある場所では西を向く…ということだった。
確かに西側には背丈のある木々の集合体がある。
つまり、花が咲いた時はすでに生長が止まっているので東を向いたまま、なのだった。






 プリンスロゼ
 シンディースイート
 ブラックプリンス
 キャロル・ロゼ….
 赤玉トマトでもいいと思うけど、
 されどネーミング?
 
 今年はトマトの生育も良い。



















日にちが変わろうとしている。
言い訳せずに
明日にしよう。
今日は15日。

2015年8月7日金曜日



暑さ寒さも彼岸まで?












 





   涼しげな原種の紫陽花もそろそろ終わり…..


 酷暑に猛暑、日本列島が真っ赤になっている。
 体温より高い気温は応えるだろうなぁと思うが、木陰の多いここは例外。
 ……と思っていたが、南に面している駐車場はさすがに暑い。
 寒暖計を持ち出し計ってみたら37℃になった!
 この熱を冬までkeepできないだろうか、と思うとうらめしい。




遅ればせながらの「芋掘り」 

 春に我が家の鶏糞を抄き込んで耕したら結構採れた。
 葉っぱが出てからテントウムシとのバトルがあったが、
 種芋3kから→17kgの成果品?は、昨年より豊作ということになる。




成長しすぎたパセリ レースフラワーのよう。

 木々は、地中から吸い上げた水分を根を通し葉や幹に送っていて、
 蒸散作用の効果で涼しくなる夕方以降、
 保水力のある土が沢山あることに救われているのだなぁ、ということがよく分かる。
 蝉が鳴き、畑のウラではコオロギも歌っている。

 30℃以上の日が4日続いたけれど、
 暑いことが幸いになっている、何だか妙な話。。。

 
 
刈り払いかけて滑らかになったかな?