2016年4月28日木曜日


 「花咲かじいさん」の言ったこと














「枯れ木に花を咲かせましょう〜」
おじいちゃんの言ったこと、半分は正しい?
枯れ木には花は咲かないと思うのだけど。。。




20℃ちょい超えの日が2、3日続き、GWを待たずに満開となった。
レンギョウ、ユキヤナギそして春の主役、桜が。


雫石川園地のソメイヨシノ 




 3年前の集中豪雨で川岸にかなりのダメージがあった所。
 人的手入れも相当あったが、流れは若干変わっても
 自然はそれなりに回復するものだ。
 何事もなかったように、春の景色は静かに佇み揺らいでいる。
 あっというまの4月だ


 






花つきが良くなければリンやカリを投与とよく言う。
今はホームセンターなどで売っているけど
花咲かじいさんの時代にあるはずもなく、魚の骨など埋めただろうね….
愛しい人が亡くなったら、桜の木の下に埋葬したという話も大昔よりさらに前のこと。
科学が花の咲くメカニズムを解明し?今はある程度操作もできるようになった花づくり
自然に咲く花はそんな面倒くさいことをやるクマや鳥もなく、勝手に咲いている。
ヒトより10歩も先をゆく。。









2016年4月18日月曜日



 ワルツのようには進めない



黒豚のリエット ピクルスと似合うなぁ


  風の強い夜が開けて….

  暖冬ぎみの年は春が遅いというのは本当かもしれない。
  盛岡市でも桜が咲いたのに、ここではまだ水仙がチラホラ、という具合。
  シンメトリーに植えたチューリップはやっぱり片側しか出て来なくて、
  野ネズミかモグラの食糧になった気配…来年はどうしようか?



  熊本県の大地震に、17年前のことを思い出した。
  同じく直下型だったけれど、ログハウスは土台ごと傾き、
  キッチンは上の棚から殆どすべてが落下し、気に入ってた食器が粉々に。
  トイレの水洗も天を見上げるように噴水状態となった。
  最も大きな被害はホールの壁。20センチほど大きくずれて亀裂が入った。
  
  片付けや修理工事が終了するまで、やはり一ヶ月はかかったと記憶している。
  それだけでも、疲れた。
  「何から手をつけていいのか分からない」本当にその通りだ。

  家の倒壊や危険な状況に、眠れない不安な夜を過ごしている沢山の方たちの
  心境は計り知れなく、言葉もないけれど、
  自然は時として牙をむくように怖く立ちはだかるのだということを また思う。




《 夕焼け    岩手山が遠くに  》 


 3拍子のリズムは軽快で、聞いてると仕事もはかどるような気がする。
 そんな気分でいても、
 対することと呼吸が合わないとリズムは何だか5拍子のように。「take 5」だ♬
 何でもいいが、
 機械的に進むこともおかしいね、呼吸を整えるとしよう。
 
 

何事もなかったように、どんどん大きくなるルバーブ
 脇から茎がもう出ている!

















2016年4月11日月曜日



 all in Spring



 
 新学期がスタートし、春のシンボルでもある桜の開花もあと少し。

 過日招かれた2つの入学式、
 新入生の名前が読み上げられる間、名簿に目を落とす。
 「雄」や「男」という字が全くなく、「子」のつく生徒もたった一人。

 空 宇宙 凛 旬 雅 伯 風 花梨 モネ カレン….
 漢字は読めても名前が読めない?
  ……のではなく、読み方が分からない。
 名は時代の流れと一緒だ。グローバルに、しなやかになって男女の区別もつけにくい。
 男の子なのにお雛様のカタログが届き、笑ってしまったという話を思い出した。
 
 キラキラネームということも初めて知ったけど、時代は変化しながら生きていく。
 



   こちらは...
   100年経っても「椿」
   カメリア とも言う。
   響きは「カメリア」 が好き。
   某化粧品会社のシンボル
    さすがだなぁ〜
    


  雪もすっかり溶けたので 落ち葉を一生懸命掻き出している。
  熊手、レーキ、塵取り、移植ベラ、剣先スコップに剪定ハサミ、一輪車にボール
  三種の神器ではすまなく、よりどりみどりの大道具に小道具
  葉っぱをよけると、ぎっしりと拳のように固くなっていた新芽がほころび始める。
  落ち葉で押されていた分の重みがなくなるからか、一瞬で姿勢も正すように見える。

  毎年のことだが、自然の生命力には….やっぱり脱帽だ。
  人間の方は腰が痛くなるのに…..
  




   サーモンの塊に、塩とキビ砂糖それぞれ4%を丁寧にまぶし一晩寝かせた。
   翌日、塩分などを洗って流しキッチンペーパーで水分を拭き取る。
   締まったサーモンはスライスもしやすく味も良かったなぁ・・・
   ちょっと手間をかけるだけ 忘れないようにしていきた〜い。