2017年3月27日月曜日




 あちこちで 




そろそろ旅立ち お別れだ


 卒業式や閉校式、送別会が終わり、やっとひと息ついている。
 この3月、4つの小学校が閉校する。
 来年も控えている閉校による学校統合で、10校から5校に減少する予定だという。
 少子化による児童数の減少は、この町だけの問題ではないけれど
 地域の伝統であった太鼓や神楽など、継承していくことさえ
 むずかしくなって来ている今、
 時代の流れの先で、「そういうこと、あったよね」と振り返るのだろうか。
 
 一方で、伝統文化が失われていくことへの危機感から
 築いてきた歴史を振り返り、残していこうという活動も始まり出している。
 行き過ぎた時間はすぐには戻らないけれど、
 揺り戻ししようとする、自然の反発かもしれない。
 


 百名山 の一つ 一週間前の姿









多分、
築70年以上は経過している?
見よ!流線型屋根





 彼岸に行けず 1週間遅れのお参りに。
 本堂の下には屋根から落ちた雪が富士型に積もっていた。 
 3月に入ってから重い雪がどっと降り、気温が上がらなかったせいだろう。

 あちこちで人が動き、モノも動く。
 お寺だけは昔のまま佇んでいてくれる。
 その存在は、自身が振り返ることのできる歴史そのもの。















 

2017年3月4日土曜日


 一足先の春 
    








 







「ワカケホンセイインコ」がたくさ〜ん!
何をしているのかと見上げていたら
ただただ、くちばしで桜の花びらをちぎって
地面に落としていた….ようにしか見えなかった。
@上野公園


 一月行って、二月は逃げる、と言うけれど本当にそうかもしれない。
 立春の日、街は恵方巻きで賑わい、
 桃の節句にはひな祭りのちらし寿司でまた賑わっていた。
 感覚的にはつい2、3日前に食べたような、
 まだ甘酢の中にいるような、そんな感じで、
 余った干瓢と、椎茸の甘煮はチルドの中にまだ横たわったままだった。
 
 仕事の関係で上京し研修会に参加した。
 改正ラッシュが待っている介護保険制度のこれからに、どう向き合うか。
 内容は「いつか行く道迎える曲がり角」
 超高齢化社会まっしぐらの2025年にどうなるか? どうするか?
 あまりにもめまぐるしく変わっていくシステムに
 人間の方が疲労をおこし目眩が起きるのではないの〜だ。
 制度の「設計図」を描くのは机の上で、
 ナントカの空論になって困るのは実は現場?


 ではどうしましょ。
 考えても易者のように「南に待ち人来り」なぁーんて出て来るわけもなく、
 信号機の前にたたずみ
 早く春にならないかナと20℃近くまで上昇したトウキョウの春を一足先に感じた。
 
 



この日は「何ていう日だ♬」ラッキー晴天!


トウキョウ駅丸の内側?「KITTE」摩天楼
まるでパリのアパルトマンじゃん。


家路を急ぐ、という分けではないようだ。これから飲みに?