2017年7月12日水曜日


 
 星に願い 太陽に祈り


 空梅雨気味の毎日、水を求める畑の作物たち




  七夕の日
  一年に一度のこの日は、暑く眩しい一日だった。
 その後も30℃超えが続き、昨日はついに34℃
 雨が欲しい地域と、豪雨に伴う災害で混乱している地域、
 全く自然のことは分からない...。

 家庭においても、冬の寒さをどこかにストックできたなら、
 夏に引き出し使いたい、ありえないことを願ってしまうが
 人知の及ばないことにできることは限られていて、ぼちぼちできることから….


 願いは、「望み求めること」
 祈りは、「心の底から希望する」とあるけれど ニュアンスはちょっと違う。
 人を超え神格化された何かに願うのが祈りで、
 神秘的な感じか….。

 
 人知を尽くし天命を待つ
 精一杯やってもどうなるか分からない、あるいは予想がつかない時には
 両手を合わせ祈る。
 祈ってもあまり意味はないように思う時もあるけど、
 自分の心を落ち着かせる作用はあるかもしれない。