2017年11月19日日曜日


 ちらつく 一日



 「今年の冬は早く来るかも」
 11月に入ってから異口同音聞こえて来る。
 紅葉も早かった。
 きっとそうなのかと思っていたら朝からちらつく雪。 もはや初冬の装い。
 霜月と言うくらいだから特別なことではなく、そういう季節になったということか。
 




今年活躍したログプランター
ルッコラ
チコリ
水菜 ベビーリーフが結構採れた
脇からトマトも出てきた….
これは「こぼれ種」からだったね


 今年収穫できた大根は、赤と白で大小40本。
 3年前の種の生命力には目を見張った。
 赤は総量の2%の塩で下漬けした後、翌日に酢と少量の三温糖+塩麹で漬ける。
 酢の化学反応で綺麗なRose色に仕上がる……はずだ。一度予行練習したからOKね。
 




  苔に覆われ横たわる倒木
  間引きして倒したまま
  そのまま時間で熟成される
  虫や地中のバクテリア?が
  喜んで分解していくだろう
  
  

 今年の冬はどうなっていくのだろう
 冬タイヤを横目に見ながら。
 積雪はあんまりなくていいけどな〜 
 北と東の国の関係は ギクシャクして 関係ないと思いつつ新聞記事に目を見張る。
 そう言えば、紅玉パイ用のバターを買わなくっちゃ、と
 品薄で緊急輸入していたことを思い出す。
 



もはや懐かしい〜〜
 これは先月半ばだった。載せるのも忘れていた。










 野菜の値がはね上がる?厳冬期に備えて急遽干す


 サバイバル用か、と見上げながらニンマリ(笑)
 思い出したり、明日やることを確認したり
 雪だけでなく、いろんなことがちらつく一日だ。







 









 

2017年11月7日火曜日



 夏も過ぎ  秋も過ぎ…...




 遠い夏の日の思い出は 枯れて落ちた葉っぱの下に眠っている。

 暑かった日を助長するかのように鳴き出す蝉の声、
 今年は「煩いなぁ〜」と眉をしかめるほどでもなかったけれど
 虫の声や刈り取った青草の匂い、 季節を実感できる条件は揃っている……
 

 自然の密度が濃い分だけ その空間に動物も虫も草も一緒に生きている
 すき間に入ってきた人間が住んで威張るのもおかしいことかもしれないな







育てた野菜
毎年何かしらの失敗は
また来年チャレンジするため











ゴーストバスターがやって来る?
雲の中に
帯のように横たわり動かない
濃淡ついた重い雲が…
こういうのは何だい?
随分ぶれている写真ね。





今日の最高気温は18℃ それでも暑く感じるだなんて。
(朝夕の暖房はすでに必須!)

夜のニュースで「今日は立冬」と知る
思わず「OMG」
何ていう天気だ!