2018年1月12日金曜日


 2018年は穏やかに それとも…..

紙白鳥 藁のウマ 普遍のアイテム



朝焼けで迎えた2018年 
 と、言っても実感はなく、10日も過ぎると新年という感覚はすっかり飛んでいる。
 あんなに気ぜわしくバタバタ過ごしたのはつい2週間前なのに、
 気持ち先行の「あの日」も、もはや幻であったということに。
 
 さて、ささやかなチョウセンを考え始めていたところ
 同じようなことを考えている人たちがすでに行動を起こしている。
 交差点の信号待ちしている時、
 見知らぬ人と会話をするのは殆どあり得ないだろうけど、
 何処かで誰かと同じような事を夢見て?いる、という事はよくあることかもしれない。
 
 「一切唯心造」
  かなり前に知った禅の言葉だけれど
 すべての現象や存在は、心で創られている……
 なるほど〜と思いながらも哲学的で精神の世界?
 文明が進歩しても、普遍なものの存在ってすごいこと。
 



これは年末のウラの畑








降った分だけ暖かい。 
  ホントのこと
  ビル風の方が冷たいよね。




        

 どうした訳か、年が明けてから10日以上雪は降っていない。
 屋根から落ちてきた雪にはOMGだったけれど、今は一休み…このまま春になって!
 期待だけがまた先行。そうはいかないが。
 
 北陸や新潟、北海道の積雪量に驚いている。
 同じ雪国に暮らす身として、
 「銀世界は美しい」だけではないことを知っているだけに…..。